Monday, 24 April 2006

1Y3M 風邪が長引くと… Having repeated colds so long...

Arata


アラタも私もニュージーランドから帰ってきて以来風邪を引き続けて3ヶ月。アラタの咳や鼻たれには慣れっこになってしまって、あてにならないGPに連れて行く気も起きなかった。ところが、数日前から咳がひどくなり、夜中に泣きながら起きては寝付かない。おかしいなあと思っていたら、右耳に耳垂れを発見。


GPに電話で予約を入れる。当日緊急で診てもらうためには医者の選択もできない(と思っている)ので、例のヤブ女医だったら時間の無駄だ、いやだなあと、なかなか電話する気になれない。医療のことになると、これが日本だったらと、憂鬱になる瞬間。今回はとにかく連れて行ってよかった。普通の呼吸では聞こえないが、聴診器を当てると、ぜーぜーいっているらしく、喘息様気管支炎と(耳垂れで鼓膜に穴が開いた)急性中耳炎と診断され、抗生物質のシロップと点耳薬を処方される。


喘息様気管支炎(90%は風邪などのウイルス性、まれに肺炎球菌やインフエンザ菌など細菌性)は、喘息(主にアレルギーが原因)ではない。乳幼児は気管支が細く、そこに痰が溜まるとより狭くなってぜーぜーとなるらしい。


急性中耳炎は、風邪が長引いて起きる二次感染(肺炎球菌、インフエンザ菌などの細菌性でウイルス性はまれ)。プラス耳垂れの圧力で鼓膜に穴が開いた症状で、膿が出るため不快感は軽減するが、治療をきちんとしないと、膿が中耳に溜まった状態の滲出性中耳炎に発展することがあるそうだ。こちらは難聴の原因にもなり、特に小さいうちになると、言語の習得が遅れたりするので要注意らしい。


どちらも、風邪を繰り返すこと、特に保育園に小さいうちから行っている子供がなりやすい(風邪の治りかけにまた風邪をもらうことがしょっちゅうだから)っていうのはかわいそうだけど納得…。


Arata and I have had colds since we came back from New Zealand, for more than 3 months. I'm so used to Arata's runny nose and coughing and I didn't bother to take him to 'unreliable' GPs. But when I saw Arata has runny pus from his right ear this morning, I rang the GP.


I don't like ringing GP, especially for emergency, because they will appoint any doctor. I have a couple of doctors I want to avoid and it's always very depressing to find out who I am going to see. Anyway, there was no choice today. Arata was diagnosed with 'Wheezy bronchitis' and 'Glue ear & perforation of eardrum (OTITIS MEDIA)'. The doctor prescribed antibiotic syrup (100Ml Amoxicillin) and ear drops (Gentisone HC Ear Drops).



Wheezy bronchitis is mainly caused by a virus. And Otitis Media is usually caused by bacterial infection. In Arata's case, the pressure caused by pus in the middle ear punctured the eardrum. Children who repeat colds or attend a day care tend to have both conditions, unfortunately...

8 comments:

Bendy said...

あらたん、急性中耳炎大変だね。うちのスペクンも何度か中耳炎にはなったよ。子供はなりやすいみたいだね。
ところで、あらたんはヘヤカットはちゃんとお店にいくなんて、素敵だわー。うちのスペクンなんて、あたしと旦那がバリカンでばりばりって刈っちゃうもんね。すでに3度くらい刈ったかな?>

hanna mum said...

アラタくん、大丈夫? 子供はなりやすいって、なってもそんなに深刻なものではないの? Hannaの鼻はあいかわらずズルズルだけど、大丈夫かしら・・・>

Laksa said...

子供はなりやすくて、鼓膜が破れても結構すぐに治るんだって。でも耳垂れを発見したときは驚いたわ。


Hannaちゃん、鼻水取り器でとってあげるといいよ。GPも1ヶ月ぐらい風邪が治らないって言えば、二次感染を防ぐため、抗生物質を出してくれる。アラタの場合、3ヶ月治らなかったからね・・・。>

michiko said...

まだ風邪を引いてたのね・・・
そういえばポピーも私もたまーに咳がでるか!
かるーく罹っても長引くことはあるね。


アラタ君、はやく良くなるといいね。
あ。マミーもね。。>

Laksa said...

そうなのよ。アラタは3ヶ月ずっと風邪。私は10月からNZにいた1ヶ月をのぞいてずっとだから長いなあ・・・・。うちのハウスダストかなあ、なんだか私はアレルギーのような気がしてきた。>

Kylie said...

おひさしぶり~。久々に見たらアラたんは、ブロンコで中耳炎になっちゃってたなんて、可愛そう!こっちでも、Childcareに行ってる子やその親がブロンコになってるの良く聞くよ。移っちゃうから大変だね。もしかして、Laksaさんも移ってたりして?


本当、体大切にしてね。>

Laksa said...

私もかなりアラタの菌が移ってると思うよ。3ヶ月風邪が治らない、次から次へとかかり続けるってのは、アラタも私も一緒。ブロンコって何??>

Kylie said...

あ~、オージーって何でも短くしちゃうから、こっちでは、bronchitis のこと、ブロンコとかって言っちゃたりするの。ごめん、ごめん。>