Thursday, 1 November 2007

2Y10M 1Y1M 1ヶ月 One month has passed

AraTakara


仕事を再開して1ヶ月。前回の産休開け同様、担当する仕事に納得いかずに戦ったりと、ストレスフルな長い1ヶ月だった。手取り額よりナーサリー代の方が高いから、将来性のある仕事が出来なければ会社に行く意味は全くない。開発の仕事がもう存在しないなら、せめてSAPのサポートでもさせてほしい。あるいは、仕事がなくなったということで正式に解雇してほしいという選択だ。一応、SAPの習得後、サポートの仕事も回してもらえる事になったので、「ナーサリー代を出してもらい勉強している」と割り切ることにした。果たして会社は約束を守れるのか、あと二ヶ月ぐらい様子をみて今後の身の振り方を決めるつもり。


困難なスタートを切った私とは対照的に、タカラはあっとう間にナーサリーに馴染んでしまった。セトルインセッションではいつも泣いていたし、甘えんぼうのタカラをナーサリーに預けるのはあまりに厳しい試練だからと、1対1でみてくれるようなナニーさんを探そうと思っていた。が、杞憂だった。朝、ナーサリーに連れて行き、親が離れる時に子供が泣き叫ばなくなるまで1ヶ月ぐらいかかると言われている。アラタもそのぐらい必要だった。タカラは2週間で泣かなくなり、3週間目にはランチをお代わりして、デザートのメロンも8切れ食べて、4週目には、迎えに行っても帰りたくないって、遊び続けるようになった。さすが次男…。


水曜日はハローインの仮装をして(しなくても可)ナーサリーに行く日だったので二人でパンプキン!この日ばかりは、いつもトイレに行き損なって何度もパンツを履き替えさせられるアラタに失敗がなかった。朝、「今日パンツにおしっこしちゃったらパンプキンのズボンが濡れちゃうからね」と言って置いたのだが、保母さんもびっくりしたらしく、「これからはいつも仮装してくる?」だって。


It's been one month since I went back to work. Like the time after my first maternity leave, I had to 'fight' to get work what is acceptable. I'm loosing out financially, the nursery fee is more than my income and if I can not do satisfying proper work, there is no point going to work. If there is no more developing jobs, they should at least give me SAP support position, or they should make me redundant, rather than giving me unimportant job. I managed to get a promise that they will train me with SAP and will move me back to user support job. I've decided to think that 'I'm taking a training course with nursery fee and class fee are paid'... I hope my company will keep their words. Let's see. I think I will give it another 2 months before I make up my mind.


Contrary to my situation at work, Takara has settled in at nursery, much quicker than we expected. He cried a lot at the settle in sessions and I was a bit worried about it. I felt guilty that I had to give him such hard time at so young age. I even started to seriously think about finding a child-minder because they usually build more one-to-one and close relationship with children. But Takara proved to be an easy going boy. Within 2 weeks of his first full day at nursery, he stopped crying when Jason dropped him off. It's always said children need for about a month to get used it and surely it took a month for Arata to stop crying. Takara also must be really enjoying himself at nursery. He's already brave enough to ask for extra portion of lunch or demand more pieces of melon when he find meal is nice. And he already sometimes shows that he doesn't want to go home when Jason goes to pick him up.


On Wednesday, Aratakara were in pumpkin costume for nursery's Halloween dressing up. To everybody's surprise, Arata didn't have any 'accidents' on this particular day. He can go to toilet when he is at home but when he is at nursery, he usually needs to get changed at least twice a day because he doesn't ask to take him to toilet. In the morning, I told him to go to toilet because otherwise his pumpkin costume would be ruined. I think it was the last thing Arata wanted and he could go to toilet alright. One of his carer apparently told Jason that Arata should wear the pumpkin every day!

8 comments:

おじいちゃん, said...

二人でバンブキンよく似合うよ!! タカラはアラタおにいちゃんに手をつないでもらい嬉しそう!!>

Kylie said...

タカラ君、なんだかずいぶんお兄ちゃんに見える~。本当、これで1歳なったばっかり?


仕事、大変だね。でも、SAPのサポートできるようになったら、しようと思えば、コントラクトで仕事して、ガバガバ稼げるよ。今は先への投資として、考えたらいいかもね。>

Laksa said...

Kylieさん、でもね、コアの部分の開発やメンテはうちのオフィスではやらないの。だから設定の変更で変えられない部分に関しては日本の本社が対処するから、ファーストラインサポートに過ぎないのよ。産休中に旧システムからSAPに変わったんだけど、前は開発メンテサポート全部うちの部隊でやってて、それから比べると物足りない仕事かも。だからリダンダントしてもらうのでもいいんだけどね。>

ゆうこ said...

2人ともかわいい!!
タカラくん、本当にすごくお兄さんに見えますね。
歩き出してからだいぶたつからかな?
それにしてもタカラ君の順応性、すばらしい!
アラタ君はコスチューム気に入っているんですね。
帽子もとてもよく似合ってる♪>

Kylie said...

Laksaさん、でも、そういう開発以外のファーストラインサポートとかの仕事こそ、結構、コントラクトであったりするよ。だから、後々、働いてみようかなぁと思った時に、探してみるといいよ。まずは、リダンダントしてもらって、お金を貰ってからだね。私も、リダンダントしてくれないかなぁ。仕事辞めるて日本に行くかどうかなやんでんだけど、やっぱり、今辞めるのは勿体無い、、とか思っちゃう。今の会社、既に一回辞めて、戻って一年半しか働いてないから。また日本からこっちに戻ってきて、雇ってもらえるといいんだけど。>

Laksa said...

ゆうこさん、ホクナリンテープもらえるなんてうらやましい。そして、アレルギー検査を早いうちからしてくれるのもいいな。でも、血液検査って、どうやって子供からとるの?難しそう~。


タカラの順応性はすごいと思った。本当に楽しそうにナーサリーに行ってます。


Kylieさん、リダンダントしてくれないね。やめるしかなさそうだなあ。Kylieさんの場合はまた雇ってもらえるよ。日本にしばらく帰って住みたいけどね。うちはそれしたらもうUKには戻る理由がないんだよね。そしたらNZか??>

Kylie said...

いや、いや、NZだけじゃなく、Austってオプションもあるよ。
来たら?(笑)
日本にしばらく帰って住みたい、、けど、父のことがあるから、それでちょっと腰がひけてる。本当、Hubbyはもう乗り気なんだけどさ。コンピュータ辞書を買うって張り切ってる。(笑)会社で、日本語・英語の電子辞書を持って来て見せてくれたんだって。日本人が使ってるのは見たことあるけど、英語でのは始めてみたそうで、すごい感動してた。>

Laksa said...

Kylieさんのところはご主人が乗り気なのね。うちも、日本にしばらく帰りたいって言ったらジェイくんはOKだよ。私が、日本はいいんだけど、仕事だけはしたくないっていうのがあるんだよね・・・。あと、あの暑い夏・・・。>