Sunday, 3 February 2008

3Y1M 1Y4M 最近のタカラ Takara's latest developments

AraTakara


朝から晩まで食べているタカラは10.5Kg程になり、アラタとの差は縮まるばかり。おなかがぽっこり出ていて、ズボンもオムツもやけに下の方で留まっているから、ビール腹の中年のようでもある。


ナーサリーの影響で、(「アンパンマン!」に続き)得意な言葉は「No, No!」アラタもこの時期そうだった。ただ、アラタが物の名前を少しずつ言い始めたのと違って、タカラは名詞より動詞や副詞が多い。頭を傾げて「ねんねん」、手が「べたべた」、スプーンが「おっこっちゃった。」テーブルに上って「ゲッダウン(下りろ)」と注意される経験から、今では、テーブルに上ると自分から「ゲッダウンだね」と言う。そして、おもちゃを「こわしちゃった」とわざわざ報告に来たりもする。音を真似するのが好きで、「ハロー、アータ(アラタ)」のような長めの言葉も、ちょっと聞いたら言ってみたり。


AraTakara


もちろん、べらべら意味不明語を喋り捲っているのもこの時期の子供らしくてかわいい。その中で、家族全員に通じる「タカラ語」がある。「ペックン」だ。何かが欲しいという意味で、指さしながら「ペックン」と言う。おっぱいが欲しい時は「ペックンママ。」最近はアラタまでが「ペックン」を使う・・・。


比較的早い9ヵ月半で歩き出したタカラだが、やはりこれは運動神経に起因するのかな。最近は前回りをしたり、お鍋の上に立ってポーズしたりするよ。

(ビデオクリップをタカラのページにUpしました。)


Takara keeps eating all day long. He now weighs about 10.5Kg. He is catching up to Arata! As a result, Takara's tummy is protruding and his nappy or trousers can only hang at a very low position. It's a bit like the beer belly of a middle aged man!


Because he goes to nursery, his most frequent used word is "No, no." (Apart from his favourite "Ampamman!", a name of Japanese cartoon character). When Arata was at his age, he also used "No" a lot. Apart from that, Arata started with object names but, interestingly, Takara uses more verbs or adverbs than nouns. He says, "Beta beta - (My hands are) sticky" or "Okkocchatta - (I) dropped (my spoon)." When he is tired, he says "Nen nen (Japanese baby word for sleep), putting his head on its side. When he breaks a toy, he comes to me to report it by saying, "Kowashichatta - (I've) broken (it)" As Takara is very good at copying sounds, he sometimes makes us surprised by copying what I said, like, "Hello Arata."


Of course, as a child of this stage, most of the time he keeps talking nonsense, which we don't understand. But one of his baby words now has its perfect definition among our family members (only!). It's Takara's "Pekkun!". He says this when he wants to get something. He points at an abject and says "Pekkun!" If he wants my breasts, it's going to be "Pekkun mama." Even Arata jokingly uses this word now.....


As a baby who started to walk at 9.5 months, Takara's physical ability has been developing very well. He can now roll forwards or carefully stands on an upside down pot.

(Please have a look at video clips in his site.)


7 comments:

おじいちゃん・おばあちゃん said...

できたぁ~!!タカラが鍋の上に立つ技は見事だね(#^.^#)>

ゆうこ said...

ペックン。かわいい~!!
何に由来しているんでしょうねぇ?
うちはそういうオリジナル語、ないかな~。
私が気がついてないだけかな。
うちは赤ちゃん返り再発?っていうか再ブームなのかな?
テツのどーどー(どうぞ)とか話し方まねしてます。
それにしてもオリ君、たくさんお話できるんですね~!>

ようこ said...

「ペックン」ってなんだろね?
ちびっ子にはあんな低い鍋の上も綱渡り位のスリルがあるんだろうね♪


久々にちびっ子に会いたいなー。


七里においしい石焼ビビンバ屋見つけました。
今度行こう!>

Laksa said...

ねー、ぺっくんっていったいなんなんだろう・・・。ゆうこさん、アラタもわざと手で食べたり、ヨーグルトをテーブルに塗りつけたり、タカラのマネするのよね。これは赤ちゃん返りとは言わないか。もう大変よ。


ようこ、なんだって、上手いビビンバ?行く!七里なんて、ゆうこさんも、ご一緒にどう?(笑)>

Kylie said...

大河、12ヶ月検診行ったら、10.7キロだった。50パーセンタイル位なんだけ、頭なんて、95パーセンタイル。見えないけど、頭の大きい子らしい。>

Laksa said...

Kylie さん、頭大きいってことは脳みそが詰まってるのさ。10.7キロは大きいや。お兄ちゃんに本当に追いつきそうだね。タカラより重いね。>

Kylie said...

そうなの。大きくって、お兄ちゃんに追いつきそうな勢いなんで、ちょっとドクターから気になること言われたよ。成長ホルモンのことなんだけどさ。また、詳細は掲示板に書くので時間あったら見て~。>