Saturday, 5 February 2005

+5W 5D 出生登録 Birth registration


イングランド、ウェールズは42日(スコットランドは21日、アイルランドは3ヶ月)以内に、住んでいる地域の登録所に出生届けを提出し、出生証明書(Birth Certificate)を発行してもらう。カップルが未婚で、父親の名前を証明書に記載したい場合は、両親揃って出頭する必要があるので、Jasonと一緒にTower Hamletの登録所に行った。アラタが私の子供だというチェックは私の名前が確認できる病院からの書類だけで、身分証明などのチェックもない。虚偽の申請をした場合はもちろん罰せられるが、簡単に偽れそう。

ニュージーランドの登録や、英国パスポートの申請は、出生証明書(Full birth certificate)と、私やJasonのパスポートぐらいでできるのだが、日本が厄介だ。日本大使館での申請だと、出生証明書(2通)やJasonのパスポートの他に、出生した病院のアドレスが確認できる書類や、私達が結婚していないために、Jasonの認知書(2通)も必要。普通はパスポートのコピーを郵送で受け付けてくれるのだが、Jasonが英国人でないため、原本を持って大使館まで行くはめになった。また、書類の翻訳も枚数分用意しなければならないし、フォームの記入に際しては、全てカタカナ表記するため、「トラファルガーコート、ワピングウォール、ロンドン市・・・」なんて具合で書きにくかった。さて、これを機に、私は親の戸籍から独立して自分プラスアラタの戸籍を作成することになる。

In England and Wales, within 42 days (Scotland 21 days, Ireland 3 months), baby birth should be registered. If couple is not married, both parents must go to the registry office to have father's name on child's birth certificate. We went together to Tower Hamlet registry. The proof that Arata is my baby was only a piece of paper from hospital, which shows my name. There were no other IDs checked. Of course, false registry will be prosecuted but it looks so easy.

To register the birth to New Zealand authority or apply for a British passport seems to be quite easy. They usually need one full birth certificate plus our passports. But Japanese birth registration was a bit annoying. I had to prepare 2 full birth certificates, document which shows hospital address, our passports, and we also needed 2 Ninchisho (Acknowledgment of parenty) because we are not officially married. Translations to most of the documents were also required. In addition, all the forms must be filled in Japanese, including Jason's name and our address. Once registration has got through, I will leave my parents' and have my own Koseki (Japanese registration of family) with Arata.

No comments: