Saturday, 19 May 2007

2Y4M 33W6D 英語と日本語 Japanese and English

AraTakara


日本にいる間にアラタは日本語オンリーになった。区役所の2歳2ヵ月児の言語発達チェック、「青いペンをお母さんに渡して」と「そのペンを椅子の上に置いて」には、普段日本に住んでいない割には楽勝。と言うより、英語で聞かれたら答えられなかっただろう。アラタの日本語徹底度はすばらしく、レーシングカーやダンプカーまで「レーシングくるま」「ダンプくるま」になっていた。


英国に戻ってきて2日目にJasonママが渡英。アラタは、Jasonママが何を言っても日本語でトンチンカンな事を言っていたから殆んど理解できていなかったようだ。Jasonママもアラタの日本語に推測で答える。でも、これが全然当たっていないから、二人の会話は密かに可笑しかった。


Jasonママの帰国間近になってようやく英語が少し出てきた。ナーサリーでは多少話しているらしいが、実は、私はこの目でアラタが英語を話している所を見たことがなかった。興味深く観察していると、語順は日本語で単語だけ英語!?「アラタ 泣かない」が「クライイング ノー」で、「アラタ ねんねしない」が「スリーピング ノー」


第一言語は日本語という印象を与えたため、「アラタには英語が必要よ」とJasonママ。私も日本から帰国後しばらくは、日本語で話しても誰もわかってくれなくて困惑しているアラタが不憫で、日本人の友達ともっと遊ばせて自信もたせなきゃとか、私も英語で話してあげた方がいいのかしらと、心が揺れた。


でも、英国に住んでいる限り日本語をキープする方が大変なのは間違いない。案の定、Jasonママが帰って2週間、家の中の会話はほぼ日本語のみに戻ったが、ナーサリーやテレビから英語をどんどん吸収する。英語で何か言いながら一人遊びしたり、絵本の絵を指さしてJasonが「What's this?」と言うと英語で、「これ何」なら日本語で答えるようになってきた。


その分日本語は日本に住んでいる2歳児程伸びていないはず。私は日本語しか話さないよ。頑張ってねアラタ!


After we stayed in Japan for nearly 2 months, Arata only spoke Japanese. When he had a small development test of language over there, he was asked, "Give this blue pen to your mother please" and 'Put this pen on the chair please" He could of course manage to respond correctly. Taking into consideration that he usually lives in the U.K., he did very well. To be honest, he couldn't have understood if it'd been in English, though. Arata said everything in Japanese. Every single word. Even "Racing car" was "Racing Kuruma" although in Japanese we also call it "Racing car"!


2 days after we came back to the U.K., Jason's mum arrived. When she said something to Arata, he was saying completely unrelated. I assumed he didn't understand her at all. Jason's mum tried to guess what he was saying and replied to him. Usually her guess was wrong. Secretly I was quite amused by their conversations! (Sorry, Beth!)


Towards the end of her stay, Arata slowly started to speak English. At nursery he'd already spoke some English but I'd never heard him speaking English. I was watching excitingly when he spoke English. It was very sweet because he used English words in Japanese grammar. The word orders are different in 2 languages but without knowing that, Arata went, "Sleeping no!" or "Crying no!"


Jason's mum got an impression that Arata's first language was Japanese. She must have been quite disappointed and she told us that Arata needed English. Well, just after we came back from Japan, I also lost confidence what I was doing about his language education. Because, whenever he spoke, nobody understood, of course, and Arata looked confused and sad. I thought I had to take him to Japanese friends more often to gain his confidence or I even thought I had to speak English to him.


But when we live in this country, it's too obvious that keeping Japanese is more difficult than learning English for him. Since Jason's mum went home, our conversations at home have been back to more or less only in Japanese. But Arata's English is getting stronger everyday. He picks up English at nursery or TV. He sometimes plays by himself talking something in English. When Jason asks "What's this?" in English, Arata replies in English and if he is asked in Japanese, he answers in Japanese on simple things.


On contrary, I'm sure his Japanese hasn't improved as fast as 2 years old who live in Japan. I don't intend to speak English to him at all and he must master Japanese somehow!

2 comments:

ゆうこ said...

タカラくん、もうつかまり立ちしてるんですねー。
うちは和室に布団なので毎日添い乳です♪
ズズズと移動するだけでいいのでラクチンですよねー。
休日の朝とかもう少し寝ていたい時、頼まれてもいないのに飲ませてしまいます・・・(^^;
こいのぼり、いいですね!
うつぶせ寝してるとドキっとしませんか?
私は息しているかな?と心配になって夜何度も仰向けに戻してしまうんだけど、だから起きちゃうんですよね・・・。
アラタ君のレーシングくるまってかわいい!
英語で聞かれたら英語で、日本語で聞かれたら日本語で答えるってすごいですね。ちゃんと区別しているんだぁ。>

Laksa said...

私も布団がほしい!うちに布団が一組あって、実はアラタはそこに寝ているの。彼は1歳になったぐらいからコットが嫌いになってしまって。布団なら「落ちる」ことがないから安心だよね。


そしてタカラと私も布団に寝られたら、本当にいいのに。今はダブルベッドにタカラと寝ているので添い寝だけど、そのうち落ちるんじゃないかとそれが心配。うつぶせ寝、もう自分で首を持ち上げられるようになったら大丈夫って聞いたよ。>