Saturday, 16 June 2007

2Y5M 37W6D 車酔い Car sickness

AraTakara


昨日、ロンドンまで車で出かけた。渋滞で目的地まで2時間。アラタはひどい車酔いをした。


ノッティングヒルを通過中「アラタ うんちした」と言い出す。車を止める適当な所もないので、もうすぐだからと、しばらく我慢させてみたが、愚図りがひどくなったので、横道に逸れて車を止める。同時に少し吐いた。(ウンチはしていなかった。)あと少しだったので、着替えさせるとすぐ出発。これが車酔いだったという事、「アラタおりる~」と抵抗していたのは本気だったという事に気付かなかった。


その後、カムデンに着く頃までに数回吐いた。着替えはもうないし、外は雨。シャツが汚れて、それでもアラタはシートベルトで押さえつけられたまま、泣き叫び続ける。身動きできずにまた吐くから、吐しゃ物で窒息するんじゃないかとヒステリックになる私。「どうして車を止めないのよ!」という私に、「どこにも止める所はないよ!」とJasonも言い返す。


まるで拷問にあったかのようなアラタは、青白い顔で、頭からお尻まで吐しゃ物にまみれ、抵抗する気力を失ってしまったかのように薄目を開けたまま眠ってしまった。私は本気でアラタが死んじゃったのではないかと思った。(心が痛い・・・。)


友達のうちに着くとシャワーを借り、着替えを買いに走った。カフェでランチを完食した時にはアラタは回復していたが、ロンドンブリッジへ別の用事で行く時には、さすがに車には乗りたがらなかった。私とアラタは地下鉄で行った。


反省。2時間の間、休憩を一度も取らず、ビスケットを食べさせ続けた。一回目に吐いた後の対応もまずかった。車から降ろして上げず、シールブックで遊ばせたり、ジュースを飲ませたり。


乗り物酔いは、「動き」を察知している耳からの情報と、(近いところを見ることによる)目からの「停止」の情報の間の「ずれ」により起こる。

(このサイトの説明がわかり易い。) 


(この写真はヨーグルト食べて口の周りがべとべとの状態。)


We went to London by car yesterday. It took nearly 2 hours because of traffic jam. Arata had a terrible car sickness.


When we were driving around Notting Hill, Arata started to say, "Arata had poo." There was no place we could park and I told him to wait for a while. But he started to complain more, and we decided to drive into a side way and stopped. As soon as we stopped, he vomited a bit. (He didn't poo.) We changed his clothes and carried on as we were running late and we didn't realise he had a car sickness. He insisted, "I don't want to get into the car!" but we didn't take it seriously.


After that, Arata threw up a couple of times in a half an hour. We had no more spare clothes and it was raining outside. Arata's t-shirt got soiled but he was still strapped into the car seat and couldn't move. He kept crying but we had no way to stop around busy Camden area. He vomited again violently. I was so scared that he might get choked on his own vomit. I screamed at Jason, "Why can't you stop somewhere?" Jason then shouted back at me, "We have nowhere to stop!"


Arata was fighting as if he was tortured. But soon he started to doze off with his mouth half open as if he had given up resisting. I even thought he was dying...


When we arrived at Koichiro's, he let us use the bathroom to wash Arata. By the time we had lunch, Arata recovered fully and he finished his bowl of pasta. But when we went to London Bridge later to see Ozlem, Arata didn't want to go back to the car. Arata and I took a tube.


Well, it's all our fault. We didn't have any break during 2 hour drive and we kept letting him eat biscuits all the way. After his first vomit, we didn't stop long enough. I even gave him a sticker book to play with...



(About car sickness)


In this photo, Arata is eating yogurt.

3 comments:

あさこ said...

アラタくん、かわいそうだったね。そして、よくがんばった!車酔いは私も小さい頃よくしたな。やはり、本読ませたりしないで、車からおりて新鮮な空気を吸って休憩させてあげたいよね。そちらには酔い止め売ってないのかな?これからは車での旅行に行くなら、そういったものを持っとくと、気持ち楽かも。。
それから、最近セキュリティーのため、ブログを招待制にしました。良かったら、ミクシのメッセージででも、メルアドを送ってね。>

ゆん said...

あららー、それは大変だったね。私は、地図以外のものを車中で読むと酔います(^_^;)


アラタ君はまだ、気持ちが悪い、と言うことをうまく伝えられないんだよね。お母さんもパニックだったよね。もう無いと良いけど、もしまたあったら、今回の経験を活かして、早めに休憩するなりしないとね。>

Laksa said...

そうなんです。本読ませたのはまずかったよね。すっかり忘れていたよ、気持ち悪くなるってことを。>